お知らせNEWS

2022.12.21 Story |軽井沢国際カーリング2022

3年ぶりの軽井沢国際カーリング選手権大会が終わりました。

スポンサー各社、参加チームの皆さん、ご来場いただいた観客の皆さん、競技・運営スタッフの皆さん、大会にお力添えをいただいたすべての皆さんに感謝申し上げます。
コロナ禍での開催についても各所に多大なるご理解とご協力をいただきました。重ねてお礼申し上げます。

いまだ無観客での開催を選択せざるを得ない大会も多いなか、私たちはなんとか選手の皆さんに試合の機会を、そしてファンの皆さんに観戦の機会を提供したいと取り組んできました。

過去に例を見ない状況のため準備段階から困難を極めましたが、五輪メダリストや世界ランク上位など国内外のチップチームを迎えることができ、欠場するチームも、途中棄権する選手もなく、予定通りすべての試合を行うことができました。選手たちはそれぞれ素晴らしいパフォーマンスを披露してくれ、会場に来られた方だけでなく動画配信を通してご覧いただいた世界中の方々をも魅了しました。

また、私たちは今大会でいくつかの新しいチャレンジをしました。
たとえば、観戦チケットの収入の一部を賞金に充てるというシステムです。期間中多くの方にご来場いただき、最終的に賞金総額は当初予定していた金額から200万円増額することができました。

 1位  70万円 → 120万円
 2位  40万円 → 70万円
 3位  25万円 → 40万円
 4位  15万円 → 20万円

もう一つは「氷上エキサイティングシート」です。これまで日本にはなかった観戦スタイルで、プレーする選手の真横で試合を楽しむという特別なエリアを設けました。選手たちも試合後にはファンサービスなどを積極的に行ってくれ、ご購入いただいた方々からは高い評価をいただきました。
さらにこの氷上エキサイティングシートには、ジュニア選手や地元養護施設の子どもたちなどを招待しました。目の前で繰り広げられるトップアスリートたちのプレーを見つめる眼差しはとても印象的でした。今回の体験が彼らのよい思い出になってくれることを願います。

コロナ禍で行うスポーツ競技大会として、いまできる限りはし尽くしたと考えています。もちろんまだまだ課題はあります。今年の経験も糧にさらによりよい大会を目指して、今後も挑戦を続けてまいります。

改めまして、皆さん本当にありがとうございました。
また次回、軽井沢でお会いしましょう!

 

男子最終結果

1位 Team Yanagisawa (Japan)
2位 Team Morozumi (Japan)
3位 Team Shuster (USA)
4位 Team Hirata (Japan)

女子最終結果

1位 Team E.Kim (Korea)
2位 Team Einarson (Canada)
3位 Team Yoshimura (Japan)
4位 Team Fujisawa (Japan)

※本事業は独立行政法人日本スポーツ振興センターのスポーツ振興基金助成を活用して開催しました